釣る・見る・愛でる 生活を豊かにするお魚系情報サイト

調理までお任せできる!荒川屋@金沢八景でキスを釣って最高の天婦羅を食べてきた。

へろみ

自分で捌くところまでが釣りです!

これは私が釣りをするうえでよく言っている言葉です。

最近では

へろみ

さらにゴミを捨てるまでが釣り!
に進化してますが(笑)

だけど、魚を捌く機会なんてそうそうありませんでした。

↓↓↓結果、こうなりますw

へろみ

身が・・・ちょっとしか

このときの様子はこちらでレポートしています。
アマダイは出会い系!?初心者には難易度高め!高級魚アマダイを求めて『山下丸@久里浜』初の船釣りに挑戦

たくさん釣りたいが、釣れれば釣れるほど、捌く(捌かなければならない)数も増えていく・・・

捌き慣れてない人にとってはちょっとしたジレンマでもありますね。

今回は、2018年12月8日のキス釣りレポートと共に、釣った魚を調理するところまでをお任せできちゃう素敵な船宿を紹介します。

>荒川屋@金沢八景

今回お世話になったのは、金沢八景にある荒川屋さん。

荒川屋さんのサイトはこちら

サーフショップのようなお店


船宿というよりはサーフショップのようなお店です。

釣った魚を食べるスペースもあるので、海辺のカフェレストランのような雰囲気。

へろみ

テラス席もありますよ。

特に今回は10人グループのうち、半分が女性だったのでいかにも船宿~っていうところじゃなくて女性たちにも高評価でした。

荒川屋のホームページはコチラ

へろみ

可愛い看板犬もいます。

女性に嬉しい割引あり

今回の釣行は『乗合船』と言って、ほかのお客さんと一緒に船に乗るプランでした。
(貸し切りの場合は『仕立船』と言います)

12時半~16時半までの乗船、竿・カッパ・長靴のレンタル付きで4,200円!(女性料金)

へろみ

安い!

仕掛けは船宿オリジナル品で300円、シャワールーム300円となっていました。

船釣りって1万円くらいするイメージなのでかなりお得に感じました。

午後から半日だけっていうのもありますが、『寒そ~!!!』な装備の女性もいたので半日で良かったかもしれませんねw

出航前に船上で簡単なレクチャーあり

決められた席に着くと、中乗りさん(スタッフさん)からレンタルの竿が配られます。

竿の使い方について簡単な説明があるのですが、4人ほど竿に不具合があって交換(汗)

前回のアマダイもレンタル竿の調子が悪かったので、やっぱり自分の竿が欲しいなぁ・・・なんてね。

キス釣り

アマダイよりは簡単?

アマダイは水深80メートルくらいのところにいますが、キスはもっと浅く20メートル程にいるとのこと。

釣り方はアマダイに似ていて、オモリを海底まで落としてその近辺で餌を食べてもらう感じです。
(アマダイの場合は底から1メートルくらい上までしゃくったところでエサをちらつかせます)

へろみ

勝手なイメージですが、細くて小さい魚は集団で泳いでいるイメージ?

意外と早めにあたりが来ました。

ブルブルっときたらすぐにスーッと竿を上げ、針を魚にくいこませ(?)、そのままリールを巻きあげます。

へろみ

ざっとこんな感じです(ドヤぁ)

お祭り騒ぎ

他の人と糸が絡まっちゃうことを『おまつり』と言います。

今回はお隣の席との間隔が50センチもなく、垂らした糸はもちろん海まかせ。

へろみ

近い!近い!近い!

私は軽いおまつりで済みましたが、私の両隣さん同士がからまっちゃったりなんてこともありましたね。

初心者でもそうでなくても、人数が多いとおまつりは仕方ないと思います。

だけど、ちゃんと中乗りさんが助けてくれるので心配はいりませんよ!

荒川屋さんの中乗りお兄さんはとっても親切で、困ったときもすぐに助けてくれるし、フレンドリーでとてもナイスガイでした!

荒川屋さんのサイトはこちら

気になる釣果は?

へろみ

キス7匹!

10匹を目標としていましたが、7匹で納竿となりました。

↑両隣さんとの共用ボックスです。
(ちっちゃな鯛も)

釣果を楽しむ会

捌いて調理してくれます

この船宿さんの嬉しいシステムは、釣った魚を捌いて調理してくれるところです。

1人2,000円で6匹まで調理してくれます!

10人で70匹くらい釣れたので、十分堪能できちゃう。

釣りたてを食べる贅沢

刺身・唐揚げ・天婦羅にしてくれますよ。

やっぱりキスは天婦羅が一番かもしれない。

身がふわっふわで、魚の味もしっかり感じられてとても美味しかったです。

これの他にご飯とお味噌汁もついています。

へろみ

まさに『自分で釣った魚定食!』

やっぱりプロに調理してもらった方が美味しいわ(笑)

反省点

ニット素材のグローブは向かない

前回のアマダイ釣りが素手だったので、今回はヒャッキンで指先が切れている手袋を買っていきました。

今回のエサはイソメと言ってミミズみたいなゲジゲジした生き物なので、中にゴム手袋も装着!

へろみ

素手・・・無理

ゴム手袋は魚の臭いがつくのを防ぐ目的もあったので、用意して正解だったのですが・・・

へろみ

ニット手袋は針が引っかかる

釣り針には、先っちょに返しがついているので、一度引っかかったら簡単には取れません。

もうハサミで手袋ザクザク切っちゃいました(笑)

お隣さんも同じくハサミでジョキジョキ切ってましたw

やっぱりグローブは釣り専用の方がいいと思います。

釣った魚をしっかりホールド!トングにもなるDAIWAフィッシュホルダー

スウェット素材は寒い

ボトムスがジーンズやスウェットの人がいましたが、移動中の波しぶきや、魚が暴れた時やエサが落ちた時などに汚れてしまったようです。

なかなか防水パンツを使う機会はないかもしれませんが、カッパやスノボパンツなどの装備をおすすめします。

へろみ

おいらはスノボ用の防水パンツ履いていきました

真冬の釣りコーデの記事はコチラ
釣りガール必見!真冬の釣りコーデ攻略のカギはあのスポーツにあった!

サングラス落下防止対策

へろみ

海の上って冬でも結構まぶしい!

遮るものがないので、晴れた日はサングラスをした方が海面が見やすかったです。

でも釣れた魚をしっかり見たいときなど、たまに外すこともあるので、グラスコードなどを付けておくと安心です。

釣りの思い出を記録

今回の釣りも釣り手帳に記録しました。

【釣り手帳】釣れた!坊主だ!思い出いっぱい。ロフトのワナドゥ手帳で釣行ログをつけよう!

さて、次回はカワハギなど狙いたい今日この頃です。

Have a nice fishing !

アマダイは出会い系!?初心者には難易度高め!高級魚アマダイを求めて『山下丸@久里浜』初の船釣りに挑戦