釣る・見る・愛でる 生活を豊かにするお魚系情報サイト

東京湾マダコ|どうにかツ抜け!@入舟

電車で単独釣行

2022年3回目のマダコ釣りは電車で単独釣行です。

マダコ船がでるときほぼ毎回予約している千住大橋の『入舟』さんは、最寄駅から5駅くらいなのでマイカーを持たない私にとって、大変ありがたい場所に位置する船宿なのです。

友達とわいわいしながらやる釣りも楽しいけど、一人没頭してやる釣りもまたいいものなのです。

ひろみ

とくにマダコは!

船宿到着

マダコシーズンの真っ只中というのもあり、満員御礼!

こういうとき、単独参加だと『横並びの席が~』とか考えなくていいので大変気楽です。

ただ、ここの場合、出船準備が整うまで乗船できず、乗船口のところに並ぶ必要があるため・・・

『あの人、一人で参加?』みたいな感じの視線はちょーっとだけ感じます(笑)

まったく気になりませんけどねwww

むしろ、こなれ感だしますしねwww

7、8番目に並んでいたのですが、グループが多かったからかよくわかりませんが、左舷ミヨシから二番目といういいお席をいただくことができました。

右隣はおそらく常連さん、『こないだも乗ってたよね~』って言われました、6月5日に一緒だったようです。

東京湾マダコ|待ちに待った2022年開幕戦!@入舟

左隣はグループで来られているかたで、おそらくマダコ初めて(竿の持ち方を見る限り、釣りじたい初めてかな?)のようです。

タコ釣りは面倒な餌付けとかもないし、汚れないのでやったことない人は是非気軽にチャレンジしてほしい釣りです。

釣り方もいたってシンプルだしね(根掛かりだけは気をつけなきゃいけないけど)

単独釣行のデメリット

単独釣行の唯一のデメリット、それは・・・

隣の人に気軽にタモ入れを頼めない(そこまで厚かましくなれない)

ですかね。

この日は満席だったので中乗りさんがいたのですが、たまたま離れた釣り座にいたので間に合わず、この日最大級と思われるキロダコを水面バラシしてしまいました。

船によっては中乗りがのっていない船もあるので、どうしようもないですね。

大物をバラシたあとは、もう構わず『のった!』『タモお願いします!』と叫んでましたよ私w

お隣さんの分まで叫んでましたよ私!

この日はビビットカラーが当たり

私のなかの定番カラーは去年に引き続きオレンジグローとグリーンのはずでしたが、この日はなんかノリが悪く、周りで釣っている人たちを見るとどうやらピンクやオレンジがあたりのようでした。

なので出番の少ないオレンジとほぼ反対色のグリーンの組み合わせで使ってみると、すぐ釣れた!

もっと鬼合わせしているかと思いきや、腕だけで合わせてますね。

のけぞるように合わせているくらいの感覚でしたがぜんぜん違いました(笑)

ひろみ

こういうことがあるので、エギはいろんな色を揃えておきましょう!
created by Rinker
MARUSHINGYOGU(マルシン漁具)
¥400 (2022/10/05 19:13:59時点 Amazon調べ-詳細)

右の常連さん、そして左の初心者さんも好調で、初心者さんはもしかしたらグループの中で一番釣ってるんじゃないかってくらい釣ってましたね。

開始早々、SHIMANOのたっかそうな餌木をさっそくロストしているのを見たときは結構心配でしたがw

どうにかつ抜け達成!

この日は10杯でどうにかつ抜け!

トップが13杯だったので、まずまずといったところでしょうか。

釣果は置いといて、両隣さんに恵まれていたので、釣りに没頭したり、時々おしゃべりしたり、ハプニングがあったりとかなりリフレッシュできました。

単独だと、あまり気を使わなくていいというのも良さの一つですね。

おまけ

こちら『入舟』さんは、アイスクリームのサービスがあります(毎回ではないかもしれませんが)

この日はクーリッシュのラムネ味、去年いただいたときもガリガリ君のラムネ味だった・・・

ひろみ

船長はラムネ味が好きなのかな?

クーリッシュだと、暑さや船の揺れで落としちゃう心配がないのでいいですね^^

夜は、前回(6/19)にマダコ釣りに行ったメンバーでご飯の予定だったので、釣りたてのマダコを納品してまいりました。

東京湾マダコ|やったね!2022年最初の竿頭!@入舟

生のお刺身は釣り人の特権ですね~

まだまだ課題の多いマダコ釣りなので、シーズン中いけるだけ行きたいと思います!